虫歯は予防から!虫歯になる前に歯医者に行こう

虫歯は予防から!虫歯になる前に歯医者に行こう

歯医者

虫歯が進行する前に

「日常的に痛くなったら歯医者に行けばいい」そう認識している人が多いように思われますが、それは大きな間違いです。虫歯の進行は多く4つの状態に分けられますが。「硬いものを噛んだり、冷たいモノを飲んだ時に場合によっては痛い」この症状で既に虫歯は2段階目まで進んでおり、日常的に痛み出すのは3段階目です。4段階目が神経が死んだ状態ですので、日常的に痛みを感じるという事は、神経が死ぬ一歩手前まで症状が進行している事になります。これだけでも普段から歯科に通う大切がお分かりいただけると思います。福岡や名古屋など都市部であれば深夜でもやっている歯医者さんの数も多いので活用しましょう。

歯の治療

歯医者はどう選ぶ?

自宅や職場の周りで歯医者を目にしても、インターネットで調べてみると大して情報が出てこない、そんな経験をされた方も多い事でしょう。歯医者さんの数は近年「コンビニよりも多い」と言われています。数が多すぎる故に情報が分散してしまっているのだと考えられます。よって、良い歯医者さんを見つける一番の近道は、最近歯医者に行った周りの人に評価を聞いてみる事です。実際に行った人から直に効くのが最も早く確実です。

歯型

自宅でも簡単に予防できる

虫歯予防で最も大切なのは常に口の中を健康に保つことです。これにはまず何といっても毎食後の歯磨きをきちんとやるところから始めます。歯ブラシで磨き残しが無いよう丁寧に磨く事はもちろん、歯ブラシがとどかないところにはデンタルフロスが効果的です。歯科のサイトなどには正しい歯磨きの仕方やデンタルフロスの使い方がを紹介しているところもありますので、参考にするとよいでしょう

食後と1日一回、歯磨きのタイミングはどちらがいい?

毎食後に磨く

食後すぐに磨くのが良いと認識していると多いかもしれないが、最近の研究でそうでもなさそうという結果がでているものもあります。。食後は口の中が酸性になっており、その影響で歯のエナメル質も軟かくなっているため、そこでゴシゴシ磨くとエナメル質が破壊される可能性があります。食後は最低でも30分は置いた方がいいと言われています。毎食後にやると習慣づけはできますが、時間のコントロールが難しいかもしれません。

1日一回磨く。

実は食べカスはすぐには歯垢にはならず、だいたい48~72時間はかかることが分かっているので、この時間に間に合えば1回でもOKと言われている。毎食後に磨くのが難しい場合は、その1回で磨き切るようにしましょう。また、特に夜1回磨く場合は、毎食後に磨く場合と違ってついつい忘れがちになりやすいので注意しましょう。